お金2.0 新しい経済のルールと生き方

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

以前から評判が良く気になっていた「お金2.0 新しい経済のルールと生き方 」がKindle Unlimited で読めるようになったので、試してみたのですが。。。、これいまひとつ自分には合いませんでした。

新しいものが出てきた時に、それに似た業界の前提知識があると、その知識に当てはめて新しいものを見てしまう傾向があります。しかし、それは危険です。 仮想通貨も既存の金融業界の人ほど理解に苦しみ、全く前提知識のない若者や一般の人のほうが自然に受け入れて使いこなしています。

現代は生物的な欲望よりも社会的な欲望が目立ってきていて、中でも頭文字を取って3M(儲けたい・モテたい・認められたい)の3つが欲望としては特に強く、これらを満たすようなシステムは急速に発展しやすいです。

一方で、 脳の報酬系は欲求が満たされた時だけではなく、報酬が「期待できる状態」でも快楽物質を分泌することがわかっています。  例えば、実際に好きな異性と会って話をしなかったとしても、メッセージの通知があるだけで報酬系は刺激され快楽を感じているはずです。  ただの「情報」であったとしてもそれが報酬系の刺激とセットで記憶されると、また似た場面でも同じようにその情報を見た時に快楽を感じるようになります。  つまり、 人間の脳は経験や学習によって快楽物質を分泌する対象を自由に変化させることができる ということになります。  LINEの通知や、フェイスブックやインスタグラムの「いいね!」に多くの人間が快楽を感じて四六時中気になってしょうがないという状況も、100年前の人間からしたら考えられませんが、これも私たちの脳が環境の変化によって何に快楽を感じるかが変化してきた証とも言えます。承認欲求もITなどのテクノロジーと結びつくことで肥大化し、今や食欲などの生理的欲求とも並ぶ(人によってはそれ以上の)社会的な欲求の代名詞になりました。

脳は確実な報酬が予測されている状況下では、快楽を感じにくいのです。  反対に、 脳は予測が難しいリスクのある不確実な環境で得た報酬により多くの快楽を感じやすいということが研究でわかっています。 さらに、自分の選択や行動によって結果が変わってくる場合には刺激や快感はさらに高まりす。

といったメモをする部分もそれなりにあったのものの、どうにも読み進める気にならず、今まで本を読むのをあきらめるのはほとんどなかったのに、途中でリタイア。

この本の著者は、上場企業メタップスの社長なのですが、出版してからの株価は、残念ながら右肩下がり
*2017.11月発売

チャート画像

業績も出版直後に。赤字転落、その後も赤字拡大、今期業績は非開示と散々です。
社長が本を出すと、会社の業績が鈍る、株価が下がるというジンクスは未だに健在のようです。

イベント投資の一隅に、代表が本を出したら、利益確定または空売りというのを調べたくなりました。
(既に誰か調べているかもしれませんが)

2018年株価予想の結末

こんにちは、ヘッタチャンです。

今年も残すところあと数時間です。
少し時間ができたので、今年の株価予想をプロがした結果について、検証しているサイトがあったので目を通していました。

2018年日経平均予測:最高値/最低値

広木隆(マネックス証券):30000円(12月)/22000円(1月)
大場敬史(岡三証券):26000円(12月)/22000円(2月)
松野利彦(SMBCフレンド証券):26000円(12月)/20000円(3月)
松浦寿雄(野村証券):25500円(12月)/22000円(9月)
吉野貴晶(ニッセイアセットマネジメント):24500円(12月)/22000円(1月)
宮島秀直(パルナッソス・インベストメント・ストラテジーズ):24250円(3月)/21500円(8月)
圷正嗣(SMBC日興証券):25000円(7月)/21500円(2月)
菊池正俊(みずほ証券):25000円(6月)/21000円(10月)
居林通(UBS証券 日本株):24000円(4月)/20000円(10月)
土信田雅之(楽天証券):24000円(5月)/18000円(10月)

2018年、日経平均株価と為替はどうなる? 専門家の予測実績を検証してみた  トランプ政権と米国株投資 より

詳細はリンク先をみてもらうとして、結論としては、ほとんど当たっていないですね。

ちまたでは、ニトリの社長がすごいという話もありますが。。。

株価予想の達人?ニトリ会長の2019年末の株価予想は2万円前後 中長期投資でのんびり資産運用より

だったら株価もしっかりと対策すれば良いのにと思ってしまいます(性格悪い)

2018nitori

基本的に私の投資法は、長期の相場を読まずの売買
四季折々を読まないで、明日の天気をなんとかというレベルですので、正直将来の予想は重要視しないのですが。

今年は最後に下げたので悲観論が多いようなので、プロでも予想はあまり当てになりませんよというお話を最後に書いておきたく。
みなさま、よいお年をお迎えください。

今年の成績

こんにちは、ヘッタチャンです。

今年の成績はディーラー時代と無職時代と併せて、1,942万でした。
(中長期銘柄の配当や優待は含んでいません)

ディーラー時代半年 1,600
無職時代半年     342

と後半半年は、7月を一ヶ月ほぼ休んだこともあり、中々に低調でした。

とはいえ、ある程度、複数証券会社での資金移動を含めた売買について
対面証券でのIPOや公募取得、ネット証券のツールの特性なども把握できてきたので、
色々と制限もなくなったので、来年はもう少し利益を増やしたいものです。

本年はお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

12月成績

こんにちは、ヘッタ・チャンです

今月の成績はざっくり124万でした

12月長場までは、スイングデイトレが調子よく、無職になって一番いい感じだったのですが。。。

超大型IPOを一部付き合いでもらった分のマイナスから絶不調に(これは初値でほぼ逃げられましたが)

そこからの大幅下落でうまく立ち回れず、一時は今月マイテン。
なんとかダウ1000ドル高で生還という感じで、九死に一生を得た一か月でした

来月もどうぞよろしくお願いします。

ロングもショートも翻弄される一日

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

昨日の日経1000円下げから一夜明け、さすがに朝はリバウンドが入ったのですが、ここからまさかの500円上げて、前日比マイナスまで500円以上下げ、引けにかけて再度300円以上戻すという乱高下な一日でした。

20181226

買い方も売り方も、適宜利食いして、二度と入らないと決めた場合のみ儲かる相場で難易度が高すぎでした。
私はリバウンドにかけていて、昨日の損を100とすると一時60ほど取り返していたのですが、下げに巻き込まれ10しか利益が残りませんでした
勝っては投げての繰り返しでした

年末の買いは入るのでしょうか。。。?

システムトレードも難しい相場。。。?

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

連日の暴落で中期ポジはさらに壊滅ですが、ここにきて、スイングやデイトレも苦戦しています。

今日の朝は、システムトレード的な視点でいうと、金曜の引けの時点で移動平均からの下方乖離が大きい銘柄が多数あり、
その中から寄付が前日より安値で始まる銘柄を買うとかなりの確率でリバウンドするという日だったのですが、結果はご存知の通り、日中も下げ続け、ほぼ安値引けの1000円安。

20181225

入った銘柄のいくつかで大きな損失を抱えています

もちろん、システムトレード的な視点でいうと資金管理として、全資金の何%を今回のような日に投入するか
またいつ決済するかなどを個々のストラテジーに組み入れるので、今回の下げでもしっかりとれるものもあると思います。

ただ、ここ数日の下げはかなりレアなケースではあると思います。

それでもシステムに忠実であるのが大事なところなのですが、裁量トレードにシステムトレード的な視点を入れているだけの私には難しい相場です。

今日で今年度は終わりですが、残り数日
なんとか挽回していきたいところです

バイアンドホールドが難しい2018年

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

ここ数日の下げは、数年なかった下がり方で、損失を被っている方も多いことでしょう。
(もちろん私の中長期ポジも壊滅しています)

パクリ投資の本を先日紹介しましたが、私も中長期銘柄のいくつかは雑誌やブログなどから参考にして株の売買をしています。
昨年末から今年頭にかけて、雑誌やブログなどで紹介、推奨されていた銘柄の12/21時点での成績を検証してみました。
(たまたまデータを集めていただけなので、個別銘柄や投資家の名前などは、ここでは書きません)

参照銘柄 110銘柄
昨年末比騰落率平均 -21%
前年比プラス銘柄 17
前年比マイナス銘柄 95

余談
最上昇銘柄 93.3%
最下落銘柄 -86.9%

実に85.5%。八割以上の銘柄が昨年末比でマイナスでした
雑誌で特集されるようなプロや個人投資家が、しっかり下調べをした銘柄でも、この勝率
今年のこの相場がいかに難しいかがわかります。

今年はバイアンドホールドが、機能しづらい一年だったようです。
来年はどうなることやら。。。

PayPayの次はLine Pay!でもお得度は1/10・・・

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

先日12/3まで利回り30%?! という記事で、PayPayという決済サービスの大盤振る舞いと、今後の競争激化を書いたところ、やはり追随がでてきました。

今度は多くの人が使っているLineが同様の還元策を打ち出したようですね

「LINE Pay」も20%還元で対抗、年末まで Yahoo news

もっとも今回の後追い企画は、スケールダウンが目立ちますが。。。
100億を超えるようなビックな企画がまた始まってほしいものです。競争激化万歳

相場の難易度が高いときはこういったもので、相場資金をコツコツ作って、準備などしているヘッタ・チャンでした。

それにしても、明後日に迫った超大型IPOどうなることやら・・・

これはずるい! 株カンニング投資術

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

相変わらず、年末上げのアノマリーはさっぱり、アメリカ市場は昨夜も500ドル近く下げて、7ヶ月ぶり安値とますます不穏な展開に。

今年はとても難しい相場で、年間成績がマイナスな方も多いと思います。
それでも、今年も大きくプラス、安定して稼いでいる方たちがいるのも事実です。
(エンジュクですと、avexfreakさんや上総介さんらもそうですね)

儲からないなら、凄腕投資家の投資法をそのまま使えばいいじゃないと、マリー・アントワネットのような本が出たので紹介です。

こちらで何回か紹介させてもらいましたJACK氏の新刊
これはずるい! 株カンニング投資術 株で2億円儲けたカリスマサラリーマンの裏ワザ」です。

今まで語られなかった常勝投資家の情報元がわかるというのだから、買いの一冊です。
やはりという情報元から、そんなところから情報を!というものまで、蔵出しの癖と質が高い!

他にも、

・個人投資家もとい無職になった私に役立つ、株を買うとき、特定口座ではなく、一般口座で買う裏技
・大物投資家が今仕込んでいる銘柄(この相場で買妙味があります)
・○○初出の銘柄は買い
・端株投資で利回り4倍

などなど、相変わらず丁寧に確実に利益になるところ押さえていて、その神ならぬ「利益は細部に宿る」がよくわかります。
今年の相場に上手く乗れなかった方もそうでない方もおすすめの一冊「これはずるい! 株カンニング投資術 株で2億円儲けたカリスマサラリーマンの裏ワザ」です

追伸 JACKさん、ずっと2億儲けたですけど、年数的に3億、4億も余裕なんじゃないかな、きっともっと儲かってそう
でもタイトル的に2億が売れるワードなんだろうなと思ってみてます(笑)

10倍株との出合い方

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

年末上げのアノマリーもさっぱりで、今ひとつな相場が続く12月ですね。

ただ株価が下がるということは悪いことだけではありません。
ほしかった株が安く買えるチャンスでもあります。

どうせ、買うなら10倍になる銘柄を仕込みたい!
そんなあなたにお薦めの一冊が、本日紹介する「スピード出世銘柄を見逃さずにキャッチする 新高値ブレイクの成長株投資法 ――10倍株との出合い方を学ぶ」です。

この本は、前著「1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術」で資産も投資家としての知名度も大ブレイクDuke氏と、当エンジュクで講師もされ、同じくベストセラー「株は新高値で買いなさい!今日から始める成長株投資」を出し、何人もの投資家を億り人にしたふりーパパ氏の共著というのですから、読まない手はありません。

参考

内容は読んでからのお楽しみですが、データを徹底的に調べて、10倍株をどう再現するかに注力した点はすばらしいの一言です。

本書より一部を紹介しますので、

以下抜粋

10倍株の銘柄数トータルは237ですが、そのうちの60銘柄(全体の25.3%)が情報・通信業(IT)に集中しています。2位は、45銘柄のサービス業で全体の19%です。3位は、19銘柄の小売業で全体の8%と続きます。

アベノミクス相場で出現した10倍株を、大きく次の4つの視点で分析します。
①10倍株が出やすいセクターは ~業種~ (見つけ方)
②10倍になるまでの達成スピードは ~時間効率~(ポテンシャル)
③どのくらい上がるものなのか  ~上昇率~(ポテンシャル)
④10倍になりやすい銘柄は ~時価総額~(見つけ方)

一目瞭然ですが、全体237銘柄のうち、ほとんどが200億円未満に集中しています。
最も多いのは、時価総額10億円以上50億円未満のクラスで125銘柄(全体の52.7%)ですが、その前後を合わせると200億円未満で計219銘柄、これは全体の92.4%に当たります。
大化け株を狙う投資戦略として、「時価総額200億円未満の銘柄を狙う」のは優位性がありそうです。

2012年11月15日時点で時価総額が200億円未満の銘柄数は、約2,300社と株式市場全体の3分の2を占めていました。アベノミクス相場が始まるまでの株式市場は、民主党政権下で低迷していましたから、将来有望な割安な小型成長株が特に多くありました。

ほんの一部抜粋しただけでもこの「スピード出世銘柄を見逃さずにキャッチする 新高値ブレイクの成長株投資法 ――10倍株との出合い方を学ぶ」のポテンシャルがわかると思います。
来年の10倍株をゲットするために是非読んでみてください!
(それにしても、アベノミクスが始まる前は割安株がごろごろしていたのがわかりますね)

ちなみに一点だけ惜しいのは、途中にまとめられている垂涎データ「全10倍株データ一覧表」がとても小さい表でまとめられていること。
書籍では何とか読めるのですが、キンドルなど電子媒体だと文字が小さくて読むのに苦労します。(書籍版がとても良かったのでキンドル版でも買いました)

版元様、なにとぞこちらの改善を。。。