東証の新システムとフラッシュ取引

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです

先月、下記のような記事が出たのですが、ご存知でしょうか?

—米金融、市場情報先取りで巨額利益…米紙報道—
2009年7月25日12時40分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090725-OYT1T00446.htm

【ニューヨーク=池松洋】米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は24日、米金融大手ゴールドマン・サックスや一部のヘッジファンドが、他の市場参加者よりも100分の3秒早く情報を入手できる大口投資家の立場を利用し、高速コンピューターを駆使して大きな利益を上げていると報じた。

米証券取引委員会(SEC)もこの「抜け道」を問題視しており、新たな取引規制を今秋にも導入する見込みという。

同紙によると、ゴールドマンなどは、100分の3秒の時差の間に取引情報を分析して自動的に取引を行うコンピューターを導入し、自己勘定で巨額の利益を得ている。

これらの取引は市場の公平性をゆがめかねないとして、米上院議員の一部からSECに調査を求める声が出ており、SECも規制の検討を進めているという。
抜粋終了

要約すると、高いお金を払うとシステム上圧倒的に優位になる仕組みが使えますと、それを使ってゴールドマンがぼろ儲けしていましたという話なのですが、この仕組みが来年から東証にも導入されるようです。

このフラッシュ取引と呼ばれる仕組みは、アメリカでは批判に晒された結果中止の方向に進む可能性が高いようですが、東証はこれから導入するようです

国内で儲けた手法を海外のライバルがいないところで使って圧倒的に儲ける外資の手法がまた幅を利かせてしまいそうです。

やれやれです…