ゾーンまとめ 目指すべき最終形体について

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです

このブログを書き始めてから、ちょっとずつゾーン 相場心理学入門を読み直しているのですが、すっかり忘れていておろそかになっている所が本当にたくさんありました。

今日はそのまとめ的な部分を紹介したいと思います。

ディーラーの最終形体として、かくあるべしという部分です。

302頁 一貫性の信念を確立する

「私は一貫した勝者である」という信念の確立が最終的目標である。

しかし私がランナーになりたいと願ったときのように、あまりにも大まかで抽象的なため、一歩一歩の過程を分解しなければ実行は難しい。したがってまずは、この信念を細かく具体的な部分に分解し、そして優勢な信念として各部分を取り入れる方法を提供しようと思う。

つまり、以下の副次的信念を積み重ねて、「一貫した勝者になる」という信念を確立するのだ。

私は一貫した勝者である。なぜなら


①私は自分の優位性を客観的に確認している。

③私はすべてのトレードでリスクを前もって決めている。

③私は完壁にリスクを受け入れている。あるいはトレードを見切ることをいとわない。

④私は疑念も躊躇もなく自分の優位性に従う。

⑤私はマーケットが可能にしてくれた勝ちトレードから利益をつかみ取る。

⑥私はミスを犯すことへの自分の対応を継続的に監視している。

⑦私はこうした一貫した成功の原理の絶対的必要性を理解している。したがってけっしてそれを破らない。

これらの信念は、一貫性の七つの原理である。機能的レベルでこれらの原理を心のシステムに取り入れるため、意図的にそれに適した一連の経験を必要とする

未だに地合いによっては自己のルールを破ってしまうことがあるので、そこを今後克服していきたいと思いました。とりあえず長々と紹介してきたゾーンは本日を持って終わりにします。

次回は他の本を紹介する予定ですので、ご期待ください