トレーダーが儲けているから、その人はうまいと感じる。でも、金融市場で偶然で大儲けできることがあるのだ

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです

8月も今日でおしまいです、民主党が政権を取ったご祝儀相場は朝一時間で終了
そこからひたすら今日は下げ続けでした。

本日はまぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのかから前回の続きでまぐれで成功しているとレーダーに対するキツイ一文を紹介したいと思います

相場はある意味において1/2の丁半博打なので(厳密には違うことは土屋氏が以前ブログに書かれていましたが)、運だけでも勝てる時期というのが正直あります。

そこで大きく張って勝った人たちもそれはそれで偉いのですが、それが本当の実力なのかは不明です。

個人的には、上げ相場下げ相場も経験した上で安定した成績を残した人が本当にうまい人なのではないかと思っています

紹介文の後半にありますが、怖いのは安定して十数パーセントを出すような玄人運用者をそういったまぐれ運用者が駆逐しかねないことで、実際そういった例を見ているのでなんとかならないかなと思うしだいです

以下 「まぐれ」より抜粋

この本に出てくる間違いをそれぞれ全部犯すようなトレーダーが、どうして成功したりするんだろう?

偶然の単純な原理のおかげだ。

生存バイアスが形となって現れるケースの一つである。トレーダーが成功しているのを見ると、その人がうまいからだと思いがちだ。

たぶん私たちは因果関係をさかさまに考えてしまっているのだろう。本当は、私たちはトレーダーが儲けているのを見たから、その人はうまいのだと感じるのである。でも、金融市場ではまったくの偶然で大儲けできることがあるのだ。

カルロスもジョンも市場のサイクルに乗って儲かったクチだ。彼らがそうやって儲けられたのは、単に相場がよかったからだけではない。成功したのは、ここで書いたエピソードの時期に起きた上昇相場のありように、とても適応したやり方を彼らが身につけていたからだ。

つまり、彼らは下げを買うタイプだった。振り返ってみると、一九九二年から九八年の夏にかけて、彼ら二人が専門にしていた市場は、そういうのが一番うまくいくやり方だったのだ。

歴史上のこの特定の時期には、そういうやり方をする連中がたくさんいて業界を席巻していた。彼らはいい成績を上げ、ひょっとすると本当は彼らよりもうまいトレーダーたちを駆逐してしまった。