ヘッジをしない謎 企業財務担当はなにをしているのか?

こんばんは、マネー・ヘッタ・チャンです

金融機関も企業の年金運用部門も昨年は多くがマイナスの成績を出していることは記憶に新しいと思います。

本日は昨日に引き続き、「相場師スクーリング」(こちらは改訂版で旧版はこちら)から、10年前からなにも変わっていないヘッジをしない企業の謎とその分析を紹介したいと思います。

著書の分析と昨年で一致しない部分はありますが、本当にどこの企業も昨年から今年の株安で損失処理を行っていました。

なぜアルゼンチン債や為替デリバティブオプションといったハイリスク投資はするのに、売りでのヘッジをしなかったのかと、企業の財務担当に一度聞いてみたいものです

ちなみに私のディーリングはほとんどその日に手仕舞うというヘッジをしているので大損はほとんどありません。

以下著書より
64 近世相場史上、謎-というより、まさに悲劇的な笑い話-のひとつは、一九九〇年からの株式の暴落に際して、日本の機関投資家をはじめ、銀行および持ち株筋のすべてが全く保険ツナギをせず、ただただ下げの全行程を拱手傍観していたことである。

ほんとうに後世に語り継がれるだろう、といわれていることだが、著名な理屈っぼい投資理論の本がたくさん出版されている日本で、前記の文では「すべて」となっているが、「ごく一部、たとえばM銀行(海外の外国人ファンド・マネージャーのアドバイスを受けたといわれる)などを除いては」であるが、とにかく機関投資家も投信も、大株主も証券会社や銀行でさえも「ほとんど」危機管理も下げに対する処置もしなかったのは事実である。

知らなかったのではない。十分に知っていたはず。制度が不備だったのでもない。信用取引制度も整っていたし先物もあったし、オプションも上場されていたのに……である。

これについて、日本の国内では理由の追求も反省もほとんど行なわれなかったが、外国では若干の原因の究明が行なわれた(らしい)のだが…

①政府がなんとかしてくれる、というお上(かみ)意識、あるいは財・官の癒着によって処理できると思った。
②資本主義は複式簿記(資産の減少=資本の減少)であるという認識が希薄で、いぜん江戸時代の大幅帳のままだった。
③日本MOFは「ツナギや売りは好ましくないもの」「市場を破壊する」という特殊な考えを特っており、そういう行政指導をしたのではないか。
④ファンド・マネージャーたちは独立意識が無く、ムラ社会の共同体そのままの右へならえであったし、また右肩上がりの神話を信じていた

柳橋式IPO投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 証券会社に携わった経験を経て独自のIPO投資を構築し9年間負けなし、2017年1000万円以上の利益をあげている柳橋式IPO投資法の集大成を期間限定で公開中です。

【9月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「328万円の利益!IPOの当選確率を高める秘訣」
1回目の動画ではIPO投資家の柳橋がIPOの当選確率を高めるノウハウをお話します。 これから続々と登場するIPOに対して、とても効果のあるノウハウですので、 IPOの当選数を増やしたい方は必見の内容です。是非、お役立て下さい。

【9月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー即金規制を利用して3日で50万円の利益をあげた IPOセカンダリー戦略」
2回目の動画ではIPO投資家の柳橋が得意にしているIPOセカンダリーの 戦略の中から証券取引所のルールを利用した投資手法についてお伝えします。 この投資手法を習得することでIPO投資の収益をさらに増やすことが実現できます。

【9月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「業績の上方修正投資で155万円の利益をあげた セカンダリー」
3回目の動画ではIPOセカンダリーの投資手法の中から、 業績の上方修正に注目した投資手法をお伝えします。 この手法を習得することで2回目の動画の手法と 組み合わせて利益を高められますので、是非、役立てて下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する