教わるのも、教えるのも非常に難しい

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです

今月は絶不調でしたがなんとか生活していけるだけの給料は出る結果になり、やれやれといったところです

さて、今日は相場を教える、教わるについてちょっと書いてみたいと思います

一応5年もディーリングで食べていれば、何回かやりかたを教えてくださいと言われることはあります。エンジュクでもなにかやってみないかと言われ、それはとてもありがたいと思っているのですが、今のところ何かをお伝えすることは考えていません

そう思ったのは相場師スクーリング」(こちらは改訂版で旧版はこちら)に下記のような記載があるからです

以下著書より
316 この人は、どんな苦労をしてでも上手になりたい、と言っている。
また、二週間もの間、朝から晩まで、社長の売買法を検討して、これで売買しようと大決心をした。

しかし、一ヶ月もたたないうちに挫折した。
どんな苦労してでも、というのは嘘だったし、大決心したというのも嘘になった。
いとも簡単に、どんな苦労してでもとか、大決心とかいうが、みんな目先の出まかせで、教えたほうからすれば、なんといういいかげんな男だ、ということになるのだが、それは当然かもしれない。

筆者のように事務所を持っていると、こういうことは年中経験する。
いまでも、ときどき、どんな苦労でもするから相場を教えてくれ、とか、プロになりたい、そのために家内とも相談し、了解を得ているから弟子にしてくれ、とかいう人が訪ねてくる。

しかし、努力を続けた人は数えるほどしかいない。

それも、株式(林流)の狭いやりかたを強制したのではなく、
どういうやりかたがやりたいのかを開き、そういう売買法には、
この流儀と、分派としてこういう流儀かおる
さらに、別な方渋として、ちがったやりかたもあるから、どれが
自分に合うと思うか
努力を続けられるのはどの方法か

を、よく考えて選びなさい。方法によっては、(詳細を知らないので)教えられないものもあるが、やりかた、練習法、さらに教えかたまでも知っているものならば、出し惜しみせずに教えてあげる。だから、習い上手にやりなさい、と十分に考える余裕をもって決めたし始めたにもかかわらず、教カ月もたたないうちにやめてしまう、どころか反対をやって、さらに失敗を重ねてし

もう、考えられないほどの下手さが身にしみついてしまっていて、どんな方法でも、正しい達をする方法が出来ない体質になってしまっているのである。
そういう人ほど、口だけはいいことを言うのだ。

これを読むと、おそらく教えても9割の方は続けられないだろうと思うのです

何かを粛々と続けながら、守破離の気持ちを持つというのは本当に難しくて、未だ私に出来ていないことを人様に教えるなんてとんでもない。そう思って今はお断りしています

いつか、お世話になった方々に何らかの形で恩返ししたいとは思っているのですが、まだその方法が見つかっていないというのもあります