オススメ本 炭谷道孝の株投資 必中!時間差売買テクニック

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです

先月の裏目裏目街道はどうやら峠を越したようで、日々負けることはなくなりました。
後は収益を徐々に増やしていけばいいだけです。

もう一~二回きれいに収益が取れれば色んな意味で回復できると思ってます

さて、本日紹介するのは日中トレードが出来る方にはぜひ読んでほしい本「炭谷道孝の株投資 必中!時間差売買テクニック」です

この本では、リアルタイムで相場を見られる人は何をチェックするべきかという点について書かれていて、この著書にもっと早く出会っていればと心底思った本です

私は、この本からヒントを得たエクセルを使って売買しています

ちなみに著書によると時間差売買とは「似た波動の株は業績の修正などがなければ同じような波動を続けると仮定して、特別材料がないのに鞘が開いたらやがて縮まると思い込んで売買すること」

その他にも著書を読んで、エクセルとマクロを勉強すると以下のようなことが出来るようになります

① 立会い中に関連銘柄の鞘の変化がわかります。
② 300銘柄の株価や寄り前の気配がひとつの画面でわかります。
③ 直近の高値・安値をブレイクした銘柄がその瞬間にわかります。
④ TOPIXが下げから上げに急に転じてきた時、直近の5、10分で下げのきつかった銘柄の中から、まだ戻っていない銘柄を表示します。
⑤ ④の逆で、TOPIXが上げから下げに急に転じた時、まだ下げて いない銘柄を表示します。
⑥ 銘柄名をクリックすると、その銘柄のニュースだけでなく、同じ 業種で似た波動の銘柄のニュースも表示され、暇な時に書いたその 銘柄に対する自分のコメントも読めます。

相場のヒントが満載で、これは本当にオススメです