オススメ本 サヤ取り入門

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです

先月のサヤ取りは結局トントンで終わってしまいましたが、あらためてやってみるとこれは奥が深いです

スイングのトレードをしながら、一方でサヤ取りが出来ればかなり安定するのではないかと思っています

そこで週末読んだのがサヤ取り入門 増補版です

システムトレーダーのお薦め本と言うことで読みはじめたのですが、サヤ取りの基本的な考えが書いてあり、非常に参考になりました

著書にある

 投資関係の本を読むと、サヤ取りは「リスクが少なく確実に利益が上がる売買法」というニュアンスで書かれているものが、多く見受けられます。

しかし実際に売買を実践している立場からいえば、そんなに甘いものではありません。楽して儲かるようなおいしい話など、公設の市場にあるはずないのです。ただし、リスクを自分できちんとコントロールができてまじめに取り組めば、他の売買法よりも安全有利であるということも、事実です。

というのも先月やってみて「自分できちんとコントロールができて」という点が何よりも肝だとわかります

他にも、著者の言葉で刺さったものが多かったので、また次回その辺を紹介したいと思います