【修正書き足し】7/31☆ 日経平均と自己売買記録

7/31☆ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比62.41円高の20585.24円。
日中値幅は200円近くあり、久しぶりに動いた1日。決算発表が大量にあり、発表銘柄のボラはかなりありました。

20150731225
今日は、寄付き下で始まった逆張り投資で利益に。
決算関連は私が買うと下がり、買わないとあがるという良くある形でほとんど儲からず><
疲れるだけのトレードでした。

引けてから、今月の集計を個別で色々したところ、ストップ安銘柄の持ち越しでの損失がダントツ。
この手のやられをいかに減らせるかが今後の課題ですね。

今月もおつかれさまでした。
みなさま、良い週末を

今日の売買
売買代金 3.2億
本日利益 55
今月累積利益 560
ポジション 買 1.6 売 0.4

大やられは夕凪さんが助けてくれた! 7/30☆ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比219.92円高の20522.83円。5日ぶりに大幅上昇。
前日のFOMCでの利上げ時期後退観測でNY市場が上昇、その影響で日本市場も終始底堅く推移。
月末に向けての買いも入ったように感じました。

20150730225

さて、今日は朝から予定通り大ヤラレスタート。
持ち銘柄で10%以上マイナスが2銘柄で、あえなく40万超のマイナスから。
ただ昨日の引け後決算で大きく反応した銘柄がいくつかあったので逆張りしたり、順張りしたりで半分ほどすぐに返済

そこから、イベント投資の一つであるTOPIXのFFW変更銘柄を重点的にウォッチして、流れがキタと思ったときに場中エントリー。
利益が上がってきたらのピラミッディングでポジションを大きくして、引けで成り売り。なんとかプラ転することが出来ました。
このやり方は夕凪さんの手法なのですが、はまると本当に良い数字なります。夕凪さまのおかげな1日でした。

今月も残り1日、明日も頑張ります!

今日の売買
売買代金 4.3億
本日利益 47
今月累積利益 505
ポジション 買 2.5 売 0.9

あかん、捕まって逃げ損ねたorz 7/29☆ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比25.98円安の20302.91円。今日で4日続落。
といっても、今日の下げは昨日下方修正を発表した日経平均で寄与度の大きいファナックと東エレクが大きく下げた分が主因で、体感的にはプラス感がありました。
( 実際TOPIXはプラスで引けています。)
全体の値動きより、決算発表が本格化しているので、そちらの動きにみな注目しているようです。

20150729225

さて、今日は利益なのですが、あまり嬉しくなかったりします。
というのも、某銘柄が寄付き、安く寄ったので買い!からの~、ストップ安張り付きで結構な金額逃げ損なうという展開が…
明日次第ですが、今日の利益ほとんど吹っ飛ばしそうな悪寒が

せっかくイベント投資や昨日からのオーバーナイトで大きく取ったのにトホホです。
兆候はある程度感じられたのに、大きく入ってしまった私のミスですが、あー、持ち銘柄にストップ高級の良いニュースでないかな!(お祈り投資法)

というわけで明日は黒星可能性大です、ご期待ください><

今日の売買
売買代金 2.8億
本日利益 69
今月累積利益 458
ポジション 買 2.5 売 0.9

上海に振り回される日本市場・・・ 7/28☆ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比21.21円安の20328.89円。これで3日続落。
昨夜のNY市場が、中国の下げの影響を受けて安かったことで日本も連れ安でスタート。
10時半に中国がさらに下がって始まると日経は下げ足を速めました。
ただそこから中国市場が一時プラ転すると、日経平均もマイナスを縮小。かなりな連動性でした。

20150728225

さて、今日は昨日の負けを取り返して利益に。
流れ的には二週間前の800円戻しとほとんど同じだったので、買いポジをひたすら引っ張って利益に。

これが何回も続くとは思いませんが、基本小さい暴落の時の逆張りは勝率高いようです。
リーマンショック級で返り討ちに遭うまでに、利益を積み重ねておきたいと思います。

今日の売買
売買代金 2.5億
本日利益 61
今月累積利益 389
ポジション 買 2.4 売 0.7

終わりのは始り?上海、8年ぶりの下落率8.5%安! 7/27★ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比194.43円安の20350.10円。金曜に続き、2日下落。
週末のNYが決算などで下落した事に加え、上海市場が下落率8.5%安で8年ぶりの下落幅。アノマリー的に下落の多い7,8月相場になってきました。

20150727225

さて、今日は2銘柄がっつりやられてマイナスに。
一つは仕手株、もう一つは新高値追いの失敗。
前者先日反省したばかりなのに何やっているんだという感じ。
被害軽微だっただけ良しとします。

明日以降一旦戻してくれると良いのですが、はてさて

今日の売買
売買代金 2.3億
本日利益 -2
今月累積利益 328
ポジション 買 2.3 売 0.9

今日も凪相場。爆上げ銘柄は一旦お休み 7/24☆ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比139.42円安の20544.53円。今週は2勝2敗で週間では106.39円の下げ。
日中、横這いからの11時頃40円下げて、またずっと横這い。今週は久しぶりに全体は大人しい一週間でした。

20150724225

今日は新高値追いと決算関連で利益に。
今日は逃げ場が沢山あり、早め早めの損切りで傷が浅かったのが勝因かと。

場中荒れていた銘柄は入るに入れなかったのですが、それも良かったようです。逆張りも入り所研究中です。
ストップ高連チャンでさすがに一服の駅探の今日のチャート
201507243646

ではでは、みなさま、良い週末を

今日の売買
売買代金 2.5億
本日利益 38
今月累積利益 330
ポジション 買 2.3 売 0.9

日中値幅50円!凪相場だけど個別は元気です!! 7/23☆ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比90.28円高の20683.95円。昨日大きく下げた分、買いが入ったのか買い戻し優勢。
ただ材料出尽くし感があり、下にも上にも行くには理由がないと思われる1日でした。とはいえ個別は・・・

20150723225

今日は昨日の反省を活かし、損切り早く利食いも早めにという作戦。
結果今日の凪相場に上手くあったのか、そこそこの利益でした。

ただここ最近強かった銘柄が、日中新高値を付けてからの一気に下げてストップ安していたりと、押目買いすると損失拡大傾向が顕著に。
201507234572

個人的な経験がいうには、こういうのが続くと上げ相場は一旦休憩ですが、はてさて
まー、私の経験はそんなに役に立つモノではないですがね(笑

今日の売買
売買代金 2.4億
本日利益 25
今月累積利益 292
ポジション 買 2.6 売 1.1

7連騰ならず!低位株雪崩に巻き込まれました、おうふorz 7/22☆ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比248.30円安の20593.67円。7連騰ならず、通常の調整が入りました。
前日のNY安と円高が少し進んだこともあり、朝から日経平均は弱く。アップルの決算が期待はずれだったこともあり、その手の銘柄はかなり弱め

20150722225

今日は前場から斎藤さんのシステムトレードでシグナルが出た銘柄で利益。
他にもイベント投資などでも利益で、今日も手堅く勝てていたのですが。。。

後場仕手株銘柄が暴落してたので、この相場だと少しは戻るだろうと、普段やらないくせに勇んで参戦。
結果新兵が初陣で戦死するように、あっさりと利益を刈り取られました・・・
いやはや、慣れない銘柄でスケベ心だしていけないと思い出しました。

以下鬼下落チャート、逃げ場なし

201507223521

201507222538

得意な銘柄を得意な方法で。
これ肝に銘じなくては!と思う1日でした。

今日の売買
売買代金 3.0億
本日利益 5
今月累積利益 267
ポジション 買 2.2 売 1.1

6空で6連騰!また連勝記録続くのか?! 7/21☆ 日経平均と自己売買記録

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は前日比191.05円高の20841.97円。先週に続いて負けなしの6連騰。
週末と海の日で休みだった昨日の海外市場が堅調だったことで、日経平均も多くの株が買われて、年初来高値銘柄も多数。
とりあえず、色んな危機は落ち着いたっぽいです。

20150721225

さて、今日は夕凪さんから学んだイベント投資で利益。
対象銘柄は週末から持ちにしていて、朝一度下に振られて損切りしてからの再度買いだったので利益は少なめ。
この辺の逃げ足と粘着がイベント投資では本当に難しいなあと。

他小さく逆張り投資で儲けたり、マイナーイベント投資で逆いかれたりで損失大きかったりしました。
ここからどうなるかわからないですが、とりあえずまた日常が戻ってきたような気がします。

日経平均も先週も今日も日中はグダグダですしおすし。オーバーナイトしないと儲からないですね、これ
20150721225w

今日の売買
売買代金 2.0億
本日利益 25
今月累積利益 262
ポジション 買 1.2 売 0.9

20年ぶりのインフレ社会をどう活かすか⑥ スタグフレーション編

少し空いてしまいましたが、前回の続きです。

20年ぶりのインフレ社会をどう活かすか① 歴史から儲けれるか?
20年ぶりのインフレ社会をどう活かすか② 給与の移り変わり編
20年ぶりのインフレ社会をどう活かすか③ 資産価格の推移編
20年ぶりのインフレ社会をどう活かすか④ 株価の推移編
20年ぶりのインフレ社会をどう活かすか⑤ 普通のインフレ編

前回は、経済成長に伴うインフレは誰もが幸せな世界、そこでどんな株が強いかについて書きました。今回は低成長の中のインフレ、俗に言うスタグフレーション下での資産運用について書いてみたいと思います。

そもそも、スタグフレーションとは

「stagnation(停滞)」と「inflation(インフレーション)」の合成語で、経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態を指します。(wikiより)

まるめると物価は上がるけど、給料は上がらない世界です。いやはやぞっとします。
歴史上何回か、スタグフレーションは起こっています、その場合の株価はどうだったのでしょうか。

参考になるのが1970年代の米国です。当時の米国や英国は低成長とインフレに悩まされていました。
米国がスタグフレーションに陥ったきっかけは、ベトナム戦争による財政危機、製造業の競争力低下、オイルショックによる石油価格の上昇などがあげられます。(ここでは詳細は割愛。)

この1970年~1980年の10年間の間に米国では、

消費者物価    平均7・5%(約2倍上昇に相当)
実質GDP成長率 平均3・1%(約1.4倍に相当)

と経済成長率より、物価の上昇が進んでいました。
平たくいうと、モノの値段は2倍になったけど、給料は1.4倍しか増えていないということです。購買力は10年で激減です。

この10年の間に、ダウ平均株価は、70年代の前半は物価上昇に伴って株価も上昇しましたが、米国企業の競争力低下が顕著になってくると、その後は株価下がり、600ドルから1000ドルの間を行き来する、ボックス圏相場でした。単純な指数への投資は現金より、マシ程度で、儲けるという状況ではありませんでした。

参考 1928-2013 ダウ平均 の長期推移 NightWalker’s Investment Blogより

では、米国を代表する4銘柄の当時の株価推移はどうだったでしょうか
・生活必需品としてP&G
・資源株として石油メジャーのエクソン・モービル
・製造業として重電大手のGE(ゼネラル・エレクトリック)
・自動車大手のGM(ゼネラル・モーターズ)

米国を代表する4銘柄の当時の株価推移 表参照 「お金は「歴史」で儲けなさい」より
dow4
最上のパフォーマンスを出したのは、オイルショックによる石油価格上昇の恩恵を受けたエクソン・モービル。物価を考慮しても2倍になっています。

あとの銘柄は、当初は調子がよいものの、インフレの影響が深刻化してくると、結局株価はもとに戻っています。
GMが1番低迷している理由は、企業としての競争力低下が激しかったこと、国内の販売が中心でドル下落の恩恵をあまり受けなかったこと、などが上げられます。
一方、P&Gは生活必需品を扱っており、まだGMよりはインフレに対する耐性が高かった、また、GEはグローバルに製品を展開している点で有利だったようです。

ただ4社とも株価が物価の上昇に対しては追い付いていたという意味で、資産防衛の約割は十分に果たしたとはいえるかもしれません。

上記を参考にすると、ある程度の基礎体力があり、グローバルに展開している、あるいは需要が減らない商品を扱っている企業の株は、スタグフレーションから資産を防衛可能があります。

これについて、日本企業では、「お金は「歴史」で儲けなさい」によると7203トヨタ自動車、9984ソフトバンク、5938LIXIL、4452花王、この4社が該当する可能性があると上がっていました。
そこでこのインフレ傾向の2年間の株価推移を調べてみたのですが、その成績はまちまちでした。

225-4
(これが投資の難しさで理論的にはこうこうだとしても、実際の値動きは理論通りに行かないというものです。)

ただ、今回記事に書いたように、スタグフレーションに日本が陥った場合は、日経平均株価は10年単位でボックス相場になる可能性があります。
その場合は日本株で資産運用をするのであれば、グローバルに展開している、あるいは需要が減らない商品を扱っている企業の株を探しだして、投資することが大事だと言えるようです。
(私の場合はイベント投資が、今のように使えれば、それほど悲観することはないと思ってます。また、上げようと下がろうと利益を取れる斎藤さんのシステムトレードを勉強するのも手だと思ってます。)

さて、次回はスタグフレーションのさらに先、ハイパーインフレ時の資産運用について、書いてみたいと思います、長かったインフレ関連の記事は次回で終わりです。

20年ぶりのインフレ社会をどう活かすか⑦ ハイパーインフレ編に続く

*今回の記事は「お金は「歴史」で儲けなさい」をかなり参考に書いています。興味のある方は本書を強くお薦めします。