IPO投資とキャバクラ投資の意外な共通点とは?

こんにちは、ヘッタチャンです。

最近絶好調の柳橋さんのIPO投資ですが(詳細はこちらのリンクから確認ください)、実は柳橋さんのIPO投資を以前から実行し(というか手法の一部の出どころはもしかすると、この方なんじゃないかな?)、億り人になった投資家さんがいます。

その方の知人なのか中の人なのかが書いたという噂の本がありまして、IPO投資で学んだスキルを水平移行して、使っていることに驚愕を受け、この度ブログで紹介する運びとなりました。

さて、そのタイトルですが

社会人10年目をこえたら知っておきたいキャバクラ

・・・

・・・


何を言ってるかわからないだろうと思いますが、はい私もわかりません。
おいおい、理解できると思うので、なにとぞこのまま読み進めてくださいますよう、お願いします。

本書では以下のような話が出てきます。

(アフターなどの約束を取り付けるために)
最後はパワープレイ 実際使わなくてもいいので チラ見せだけで効果のある札束を用意しておく

最低ですね(誉め言葉
これって柳橋さんのDVDで語られる対面系証券会社で、資金をたくさん入れるとIPOが配分されやすくなるという技の応用なのです。

他にも

私はそんな安くないという風にキャストが思っていると感じたら、思い切って提示額の1.5倍―2倍をちらつかて下さい
「わかりました」「そこまで考えてくれるなら」と改心するキャストが多いのは事実です

改心ってなにwww
これも対面証券会社の営業さんの資産的な意味で意表を突くことで配分を厚めにしてもらう技の一環です。奥が深いですね。

(目当ての嬢がシャンパンを入れた瞬間に退席したら)
すぐに店に異議を唱えます。
「二度とお店に来ない」「SNSなどで暴露する」という捨て台詞で交渉します

読んでて著者さんの顔が浮かんでおなか痛いwww
約束された配分がなかった場合や期待以下の配分だった場合は資産を移動させることもいとわないという強気の交渉が大事だということがよくわかります。

そして最後に

私自身も、未だに時間のある限り、お店もキャストも新規開拓という精神は初心に戻って忘れずに実行しているところです

 

といつまでも(いろんな意味で)現役を続行する氏の真摯な姿勢にただただ敬服するばかりです。

そして途中にはこんな一文も

お小遣いを稼ぐ方法として「私と似たようなハンドルネームでJACK氏の本を推奨します」

隠す気なくて草不可避的な文章があり、ウィットにも富んでいます。

株式投資の世界でもキャバクラの世界でも
オフ会→情報交換→さらなる高みへ

とやるべきことは変わらないということを教えてくれる良書?です。
技術の水平移行、こうゆう使い方もあるのですね、勉強になりました。

みなさんも柳橋さんのIPO投資教室で人生に役立つ様々なテクニックを学び、億り人になってください
そして、社会人10年目をこえたら知っておきたいキャバクラを読んで、楽しい人生を満喫してください☆彡