【連載アーカイブ】負けない投資家の思考法 日経マネー 2014年 9月号 うそつき企業オリンパスその後

こんにちは、ヘッタチャンです、

過去連載(日経マネー許諾済)「負けない投資家の思考法」の11回目アーカイブのサブ記事をアップです。
粉飾問題でオリンパスの株価は1/5になりましたが、実はその後は。。。?というお話です。

KYBがまさに今渦中ですが、シャープや東芝、ライブドアなどの過去データを検証すると、実は企業のウソでの暴落は意外とチャンスと言うことがわかります。
ただタカタのように上場廃止に至る場合もあるので、信用全力2階建ては禁止ですが

当時の記事は以下の通りです。

今回は書籍でも取り上げている企業オリンパスの2011年の粉飾決算について、当時の株価の動きを振り返ってみましょう。

情報誌 『FACTA』で粉飾が報じられた内容を調査した社長マイケル・ウッドフォード氏は9月29日、不透明なM&Aを理由に、会長、副社長の引責辞任を求めるも、10月14日取締役会にてウッドフォード氏は、逆に解任されました。

これに反発したウッドフォード氏は、一連の経緯を海外メディアに暴露したところ、告発の直後からオリンパス株は急落、10月20日の終値は1,321円となり13日の終値2,482円から1週間で半値近くまで値下がりました。

またその時点では、粉飾の度合いがどこまでかわからず、有価証券報告書における虚偽記載などの有無が取り沙汰されたため、東京証券取引所はオリンパスを監理銘柄指定、損失隠しが重大で悪質な虚偽と認定されれば上場廃止になる瀬戸際まで追い込まれました。

結果的に上場廃止は免れたもの株価は上場廃止を恐れた株価は一時期424円まで下落、既存株主をウソで大損させた大事件となりました、
ただ今回の事件の底で買っていれば、数年で5倍程度まで株価は戻していたりと、投資の世界はウソは利益のチャンスだったりすることもあるのです。

orinpasu

抜粋ここまで

参考までにその後のオリンパスのチャートと、同様の東芝やシャープ、タカタのチャートなども載せてみました

オリンパスその後
チャート画像

シャープその後
チャート画像

東芝その後
チャート画像

タカタ
タカタ [上場廃止企業] 株価 チャート

株ドラゴン(https://www.kabudragon.com)より