ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? アンカリング効果

こんにちは、ヘッタ・チャンです。
株式ディーラー推薦!成功した投資家の共通点が学べる本7冊」にて紹介した 『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 文庫 (上)(下)セット

今回から、この中から投資に関係するエピソードをいくつか紹介していきたいと思います。
今回の取り上げる内容は、アンカリング効果についてです

投資において、銘柄を買った値段がいくらであろうと、それが割安であれば、いつか価格は見直され、適切な株価に回帰するわけですが、買った値段によって、メンタルがどれだけ影響を受けるかということがこの効果を知ることでわかります。
逆に私の投資手法のひとつデイトレやスイング投資の場合は、プラスであるかが重要なので、どんなに割安であってもある一定のラインを越えたら損切するため、アンカリングが良くも悪くも効いてしまったりもします

重要なのはアンカリング効果が、自分の投資スタイルにどう位置づけられ、影響を与えうるかということです。
アンカリング効果は、人間誰もが持っている無意識の癖なので、強く意識して、自分がその影響下にないか確認する必要があるのです。

以下書籍より抜粋エピソード

アンカリング効果は単なる研究対象ではない。現実の世界で相当な威力を発揮しうる。
数年前に行われた実験では、本物の不動産仲介業者に、実際に売り出されている住宅の価格を見積もってもらった。彼らは物件を見に行き、売り手の提示価格などさまざまな情報が掲載された資料を入念に調べた。
しかしじつは、仲介業者の半数に見せた提示価格は正規のカタログに記載された価格よりかなり高めで、残り半数に見せた提示価格はかなり低めになっている
こうして十分な調査をした後に、自分が買う場合の妥当な価格水準と、自分が売る場合に譲歩できる最低価格を言ってもらった。

その後、判断をする際に考慮した要素は何かという質問にも答えてもらったが、売り手の提示価格を挙げた人はいなかった。
そんなものに左右されるのはプライドが許さない、というわけである。彼らは、自分たちの見積もりは提示価格に一切左右されていないと言い張った。

しかし実際には、大いに左右されていた。仲介業者のアンカリング率は四一%に達したが、この数字は、不動産知識をまったく持っていないビジネススクールの学生とさして変わらない。学生たちのアンカリング率は四八%だった。
両者のちがいは、学生たちはアンカーに影響されたことを認めたが、仲介業者は頑として認めなかったという点だけである

 

アンカリング効果は、いくら寄付するかを決める場合など、お金に関する意思決定に強く現れる。
この効果を明らかにするために、私たちは科学教育センターの見学者を対象に調査を行った。

太平洋でのタンカー原油流出事故による環境汚染を調査中だとして、「被害を食い止める方法が見つかるか、タンカーの所有者が賠償金を払うまでの当面の措置として、太平洋沿岸の海鳥五万羽を救うためにいくら寄付しますか?」という質問に答えてもらった。
これは、レベル合わせを必要とする質問であり、回答者は苦境に陥った海鳥に対する自分の気持ちに見合った寄付額を考えることになる。このとき一部の見学者には、「いくら」ではなく、
「五ドル以上寄付するつもりはありますか?」
または
「四〇〇ドル以上寄付するつもりはありますか?」
とアンカーを含む質問をした。

アンカーが提示されない場合、見学者はもともと環境問題への関心が高いこともあり、平均して六四ドル寄付すると答えている。アンカーが五ドルだと、寄付額の平均は二〇ドルになる。一方、かなり高額の四〇〇ドルがアンカーだった場合には、平均は一四三ドルに達した。
高いアンカーを示されたグループと低いアンカーのグループとの差は一二三ドル、アンカリング率は三〇%だった。これは、最初に一〇〇ドルというアンカーを提示すれば、三〇ドルの上乗せが得られることを意味する

割安投資の王道指標PERも、市況によって、割安とされる範囲が5(凍死相場)~15(加熱相場)程度ぶれるのを見てきた自分としては、あれも相対的なアンカリング効果だったと思う次第です

今回の記事がみなさんの相場の付合いの一助になれば、幸いです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する