バイアンドホールドが難しい2018年

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

ここ数日の下げは、数年なかった下がり方で、損失を被っている方も多いことでしょう。
(もちろん私の中長期ポジも壊滅しています)

パクリ投資の本を先日紹介しましたが、私も中長期銘柄のいくつかは雑誌やブログなどから参考にして株の売買をしています。
昨年末から今年頭にかけて、雑誌やブログなどで紹介、推奨されていた銘柄の12/21時点での成績を検証してみました。
(たまたまデータを集めていただけなので、個別銘柄や投資家の名前などは、ここでは書きません)

参照銘柄 110銘柄
昨年末比騰落率平均 -21%
前年比プラス銘柄 17
前年比マイナス銘柄 95

余談
最上昇銘柄 93.3%
最下落銘柄 -86.9%

実に85.5%。八割以上の銘柄が昨年末比でマイナスでした
雑誌で特集されるようなプロや個人投資家が、しっかり下調べをした銘柄でも、この勝率
今年のこの相場がいかに難しいかがわかります。

今年はバイアンドホールドが、機能しづらい一年だったようです。
来年はどうなることやら。。。