本が今ひとつ合わなかったと書いたら。。。

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

前回「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」という記事で、どうも本が合わない。読み切れなかった
調べたところ、著者の経営する会社の株価は本を出してから右肩下がりという記事を書いたのですが。。。

その翌日にこんなニュースがまとめられていました。

メタップス創業者・佐藤航陽さん、保有株の大量ディスカウント処分に飛び交う憶測

創業者がチャートの下の方で株投げてしまってるみたいです。お金2.0とはいったい。。。?苦笑

とはいえ、私自身も投資で上手く行っているときに出版をして、運用成績を下げてしまった口なので、他人事ではないなぁと思うところです。
(出版のおかげで、それまでの人生では会えなかった方々に会えたことはとても幸運だったこともあり、結果を一概に否定するわけではないのですが)

私の人生の師匠の一人は、得意分野から出ないことを、
「虎は竹藪から出ないからこそ、最強の虎でいられる」と語っており、「竹藪から出た虎(自分の得意分野からはみ出ること)は狩られる」と厳に戒めていたのですが、
その教えにさもありなんと思う今日この頃です。