負分析 日経平均入替 オムロン

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今月最大に負けたのが、日経平均入替で採用されたオムロンの買いでした。
イベント投資で最もメジャーな投資法の一つ、日経225入替の売買

今回の入れ替えは通常の入替と違い、発表から採用までのスケジュールが非常に短く、かつ採用された銘柄の時価が大きかったことから、ジンベイザメの買いが採用日まで止まらないという予想を立て参加した訳なのですが。。。
その一週間のチャートは以下の通り

664520190311-15

発表翌日のストップ高ではほとんど買えなかったので、入ったのが翌日の寄付き
そこから下げていく中でナンピンした結果、最終日の最安値でほとんどのポジを損切りしています。

採用最終日も伝説の日東電工の引けを期待したのですが、盛大に逆噴射

664520190315

敗因として、最も大きいのは予想と違う展開になったのに、最後には予想通りになると思い、損失を無視してポジションを維持し、かつ買い増したことに尽きます。
こういった場合は、予想した展開になるまでは、ポジションを縮小。最終日まで動かなければ、諦めて損切りというのが、本来の私の考える正しいスタンスです。

滅多にない大物イベントで冷静さを失った
それに尽きる敗けでした。

この敗北を糧に次の225入替えは利益にしたいものです。