メジャーSQ週どうなるか 3/6☆ 日経平均と自己売買

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日の日経平均株価は、前日比90.03円安の19379.14円と二日続落。
今週末に控えたメジャーSQを控え、持ち高調整の売りがでたのか下落に、ただの様子見との意見もあり、膠着の一日でした。

20170306225

今日は、今日イベント系、新高値投資がそこそこ利益に。
久しぶりの大型イベント銘柄は売りでも買いでもやられて往復びんたがいたかったです。

今週はいろいろとありますが、利益につなげられるよう頑張ります。

今日の売買
往復売買代金 1.7億
本日利益  15
今月累積利益 42
ポジション 買 2.6 売 2.0

外資系金融より、国内証券ディーラーの方が10倍以上もらえる!?

ざっくりいって、フロントオフィスの社員の適正な取り分は、会社にもたらした利益の5%-10%くらいだ。つまり年収5000万円の社員だったら5億円~10億円ぐらいは稼ぎ出すことを期待されている。

しかし毎年10億円稼いでくれる社員がいたとして、会社が自動的にそれに見合った報酬を払うか、といったら絶対にそんなことはない。毎年10億円稼いでも、他社に引き抜かれない社員なら、会社は容赦なく最低の賃金を支払うのだ。そういうものなのだ。結局、会社側はこの社員を引き留めるのにいくら支払わなければいけないかを考え、そのぎりぎりの水準を払おうとする。

外資系金融の終わり 年収5000万円トレーダーの悩ましき日々 藤沢数希/著 ダイヤモンド社より

上記の部分を読んだのは去年だったのですが、運用という仕事に対してインセンティブがここまで違うのかと、びっくりしたので、ここに載せてみました。

というのも、ざっくりいって、ディーラーの取り分は、会社にもたらした利益の30%~50%くらい。つまり年収5000万円のディーラーになりたかったら、1億円~1.5億円ぐらいで稼ぎ出すことで、目標が達成可能なのです。

もちろん、外資系金融だからこそ、得られる情報、得られる経験などもあるのでしょうが、それでもこの差は看過できないレベルです。

ちなみに、裏を取ってみました。

ゆたか証券 ディーラー募集要項 ← 約30%
アーク証券 ディーラー募集要項 ← 約30%以上
三田証券 ディーラー募集要項  ← 約40%以上!?

どんな仕事でも、1番自分を高く買ってくれるところで働くに越したことはないですね
(この考え方は同書でも書かれていますので、興味のある方は読んでみてください)

トレーダーに聞く 「Fuck You Money」

連投ですみません、某サイトにてトレーダーに関する取材を受けたので、少しだけそのお話を

最近他の執筆者の方も書いていますが、アーリーリタイアについての考え方は本当に人それぞれだと思います

ヘッタ・チャンの目指すアーリーリタイアは「Fuck You Money」を得ることです

「Fuck You Money」とは本当に腹がたった時、クライアントなどに対してFuck Youと言っても差し支えないほど、数年間ゆとりを持って生活できる潤沢な資金のことを指します。

こういった取材で自分のことを話すと、改めて自己を客観視できるのでよいですね
他にもいくつかいたい話なんかも答えてますので以下のリンクを興味のある方は読んでみてください

「Fuck You Money」で目指せアーリーリタイア!マネー・ヘッタ・チャン

あと取材では答え忘れたのですが、アーリーリタイアメントでお薦めの本は知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語がオススメです

新しいディーリングシステムが僕を苦しめる

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです

今週は結局本当にトントンで終わってしまいました
やれやれ一体に何しに会社に行ったのやらという感じです

おまけに引けで手仕舞おうと思っていた銘柄を投げ忘れるなどちぐはぐなことといったらありません
この失態の理由の一つは、もちろん私の確認ミスですがそれに加えて、ミスを倍加させるのが今使っているディーリングシステムが使いづらいこと

過去の日記に少し書いたかもしれませんが、私の所属する会社のディーリングシステムは今年の途中ディーリングシステムを変えました

そしてこれが本当に使いづらい、今まで出来たことが出来なくなった上に余計なものは付いてくるというとんでもないもの
上司曰く決めた理由は「安かったから」ということなのですが、まさに安物買いの銭失い

実際新システム導入後、会社全体の収益も前年度割れが続いています

しかも営業が最悪で平気で嘘をつく

他証券会社も費用が安いということで移行しているらしいのですが、今まで一度も止まったことがないとか言っていると、いやいや私の会社で導入後一週間で止まって、軽くパニックになったのを忘れたのかと

いやもう愚痴っぽくなってしまいましたが誰が何を作ったかっていうのと、費用対効果ってのは本当に大事だと思う今日この頃です

みなさま、良い週末を

コメント回答

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです。匿名希望さんから以下のコメントを頂きましたので思うところを書いてみます

匿名希望さんコメント

しかしこんな手法で素人が10億儲けるなら
プロはいったいいくら儲けているのか
それは誰が負担しているの
考えると怖いですね。

自分の経験で言うと今回の件は、素人だからできたのだと思っています
証券会社の自己売買部門はコンプライアンスにうるさいからです

私の今までいた会社では、寄り付きや引けに関する制限や多数ありました
注文取消件数や注文を出してからの時間、下値を叩けない(アップティックルール)、
注意喚起銘柄に指定された銘柄は、その時点から売買禁止の通達があったりなどなど、書けばきりがありません

今回のような見せ玉は同じ証券会社でやったら、すぐに東証から電話がかかってきたりもします

なので、そういった制限がないセミプロだからこそできたのだと私自身は思っています

もっともそういった仕組みを熟知した元ディーラーがそういったことをやっていないかというとそれは定かではありませんが

それにして本日の日経に載っていた”「見せ玉」秒単位で再現”って誇らしげに書いてますが、私から言わせてもらえれば、それすら今までできていなかったのかとどん引きです

それより今回の早大投資サークルOBの件の課徴金がいくらになるか、そっちが気になってます。はてさて、どうなることやら

ディーラーは病気になれない

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです

円高でドル円90円が続いてます、数年前まで資産は外貨で持たなくてはと言っていたFPやら資産運用のプロの人お元気ですか?

おかげで僕はあなたたちのおかげで被害を被ってますぜorz
まあ、不勉強と言えば、不勉強だったヘッタ・チャンが悪いのですが・・・

さて、そのやられを取り返すために仕事で頑張ろうかと思ったとき、ふと気づいたのです
自分の仕事は、完全歩合制なので病気になると、その時点で収入が100%途絶えるということに

やばい、今病気になったら素寒貧です

そこでたった今必死に読んだのが「病気が消える習慣 」です

この本、本当にいい本でした、ヘッタ・チャンの習慣を変えてくれる名著ですね、これは

とりあえず読んでメモったところとその感想を紹介してみたいと思います

6頁 大切なのは病気にならないことではなく、たとえ病気になったとしても、それを「からだから消す免疫力」を作っておくこと
→ アンチ売れ筋医療本としての真骨頂、事前予防も大事だけどどう考えても著書の方が筋が通ってる
63頁 現代医療の科学的根拠も、長い目で見たら完全なものではありません。
もう一つ、新薬の弱いところは、数ヶ月から数年という短い期間でみれば有効性は確かですが、何十年先の予見までは、把握できないということです
長期的に見た場合、伝統医療に軍配が上がります

→ ここはすごい説得力で納得しました。レーシックをお医者さんがやらないのもこういった理由なんですね

105頁 (不眠症について)ジャーマンカモミールで効果が見られないようでしたら、バレリアンもしくはパッションフラワーを加えます
→ ヘッタ・チャンは不眠症気味なんですぐ買いに行きました^^

194 症例⑥の過敏性胃腸炎の治療
→ これももろにヘッタ・チャンにあてはまるので、速攻ネットでタイムやセージを買ってみました

この本は巻末にどこで買えばいいか載っているのもすごくいいです
早速アクセスして買いました♪

この本から得た学び
大切なのは病気にならないことではなく、たとえ病気になったとしても、それを「からだから消す免疫力」を作っておくこと

早稲田OB見せ玉で逮捕

こんにちは、マネー・ヘッタ・チャンです。

ちまたを騒がせている「早大投資サークルOBら捜査へ 相場操縦容疑で東京地検」についてちょっと思うことを
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009092801000860.html

日中板を毎日見ている身としては、見せ玉なんてしょっちゅうなんで、彼らはやりすぎちゃったということなんでしょう

他に逮捕するべき輩はたくさんいるだろうと突っ込みたくなっているマネー・ヘッタ・チャンの独り言でした

昨日元同僚トレーダーと飲んだときの話

こんにちは、今週は稼働日が二日しかないのに、すでにやるきがないダメディーラーのマネー・ヘッタ・チャンです

今日は昨日飲んだ元同僚ディーラーのお話をちょっと書いてみようと思います
もちろん、個人とか特定できない範囲での話ですが

昨晩の聞いた話によると、前職の証券会社に最近新しく入って来た管理職(この場合はディーラーを統括する人)が入ってきたとのこと

最初はその管理職と一緒にやってきたディーラーさんもそこそこ成績がよくてみんな喜んでいたんだけれど、そのうち調子に乗り始めて、契約内容を子飼いのディーラーだけ有利にして、今までいたディーラーには不利な契約に変えたりとか、10何年間負けなしだけど収益があまり多くない古参のディーラーさんを解雇したりと最近はやりたい放題

そんなこんなで会社の雰囲気がすっかり悪くなってしまったとのこと
その話をしてくれてディーラーさんは嫌気がさしたので、会社を辞めてしばらくは個人でトレードをしてみると言っていました

その方は結構な稼ぎ頭だったので、会社視点ではもったいないなあと

個人視点では、ディーラーで蓄えた資金を使って余計な制限なくトレードができて、なおかつ税金は10%とか羨ましすぎるwww

などと徒然に考えたのでここに書いてみました

ディーラーは個人の仕事として意味合いが強いですが、リラックスできる環境であることも実は大事なんですよーというお話でした

ではでは、よい週末を