2019.08世界の成績

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

先月に続き、世界の指数データ、先月比を載せています。
みなさんのお役に立てば幸いです。

 

国際主要指標 2019/7/31 2019/8/31
NYダウ工業株30種 26864.27 26403.28
  先月比 -1.72%
S&P500種 2980.38 2926.46
  先月比 -1.81%
NASDAQ 8175.42 7973.39
  先月比 -2.47%
ラッセル2000 1574.61 1496.72
  先月比 -4.95%
FT100(イギリス) 7586.78 7207.18
  先月比 -5.00%
DAX(ドイツ) 12189.04 11939.28
  先月比 -2.05%
CAC40(フランス) 5518.9 5480.48
  先月比 -0.70%
MIBTel(イタリア) 21398.19 21322.9
  先月比 -0.35%
トロント総合(カナダ) 16406.56 16442.07
  先月比 0.22%
モスクワタイムズ(ロシア) 1360.04 1284.94
  先月比 -5.52%
上海総合(中国) 2932.51 2886.24
  先月比 -1.58%
SENSEX(インド) 37481.12 37332.79
  先月比 -0.40%
ハンセン(香港) 27777.75 25724.73
  先月比 -7.39%
ソウル総合(韓国) 2024.55 1967.79
  先月比 -2.80%
ST工業種(シンガポール) 3300.75 3106.52
  先月比 -5.88%
KL総合(マレーシア) 1634.87 1612.14
  先月比 -1.39%
SET(タイ) 1711.97 1654.92
  先月比 -3.33%
Bovespa(ブラジル) 101812.13 101134.61
  先月比 -0.67%
IPC(メキシコ) 40863.09 42622.5
  先月比 4.31%
リマ総合(ペルー) 19957.26 19106.75
  先月比 -4.26%
PSI20(ポルトガル) 5010.9 4887.63
  先月比 -2.46%
ISEQ(アイルランド) 6111.13 5879.42
  先月比 -3.79%
Athex20(ギリシャ) 2224.54 2143.25
  先月比 -3.65%
IBEX35(スペイン) 8971 8812.9
  先月比 -1.76%

 

メキシコの4.31%の上昇をのぞくと、ほぼ世界中の株価指数もマイナス。
米中貿易摩擦は、世界中に影響を与えているようです。

資本主義のルール優先か自国保護優先か、この辺の綱引きの激化、早く収まってほしいものです。

2019.08日本の成績

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

先月に引き続き、月末に取っている、日本の指数データ、先月比を載せてみます。
みなさんのお役に立てば幸いです。

 

国内主要指標 2019/7/31 2019/8/31
日経平均株価 21,521.53 20,704.37
  前月比 -3.80%
日経先物 21,550.00 20,690.00
  前月比 -3.99%
CME日経先物 21,495.00 20,665.00
  前月比 -3.09%
SGX日経先物 21,520.00 20,670.00
  前月比 -3.95%
日経平均ドル換算値 198.26 194.69
  前月比 -1.80%
TOPIX 1,565.14 1,511.86
  前月比 -3.40%
TOPIX先物 1,566.00 1,510.00
  前月比 -3.58%
東証1部単純平均 2,147.57 2,048.08
  前月比 -4.63%
東証2部単純平均 1,314.55 1,263.36
  前月比 -3.89%
東証大型株(TOPIX 100) 1,010.89 978.47
  前月比 -3.21%
東証中型株(TOPIX Mid 400) 1,732.48 1,673.97
  前月比 -3.38%
東証小型株(TOPIX Small) 1,987.59 1,896.48
  前月比 -4.58%
日経JASDAQ平均 3,484.19 3,294.46
  前月比 -5.45%
JASDAQ指数 151.44 146.13
  前月比 -3.51%
NT倍率 13.75 13.69
  前月比 -0.44%
東証マザーズ指数 904.92 841.19
  前月比 -7.04%

 
今月はどの指数も満遍なく下がっていて、その中でもマザーズ指数の下げが顕著です(-7.04%)

これに加えて、小型株やJASDAQ指数も数字が良くなく、積極的売買をする個人投資家好みの銘柄が下がった月ともいえるようです。

これでは今月が換算相場だったのも納得です。

8月権利日優待取り

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日は8月権利最終日でした。

8月優待を一般信用で12銘柄取得。
忘れないようにと、先ほどまで現受けをポチポチしておりました。

相変わらずやらなくてはと思いつつ、ギリギリまで行動に移さず、取れなかった銘柄多数。

毎回事前に準備してしっかりと取っている方の計画性と実効性に脱帽です、白旗です。
9月こそしっかり取らなくては!

今日もお疲れ様でした。

2019.07世界の成績

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

先月に続き、世界の指数データ、先月比を載せてみることにしました。
みなさんのお役に立てば幸いです。

今月は、先月と違い各国で強弱入り乱れる形に。
世界各国の株価は、このくらい相関性がない方が、いいような気がします

国際主要指標 2018/6/29 2019/7/31
NYダウ工業株30種 26,599.96 26864.27
  先月比 0.99%
S&P500種 2,941.76 2980.38
  先月比 1.31%
NASDAQ 7,967.76 8175.42
  先月比 2.61%
ラッセル2000 1,546.55 1574.61
  先月比 1.81%
FT100(イギリス) 7,425.63 7586.78
  先月比 2.17%
DAX(ドイツ) 12,398.80 12189.04
  先月比 -1.69%
CAC40(フランス) 5,538.97 5518.9
  先月比 -0.36%
MIBTel(イタリア) 21,234.79 21398.19
  先月比 0.77%
トロント総合(カナダ) 16,382.20 16406.56
  先月比 0.15%
モスクワタイムズ(ロシア) 1,388.07 1360.04
  先月比 -2.02%
上海総合(中国) 2,978.88 2932.51
  先月比 -1.56%
SENSEX(インド) 39,394.64 37481.12
  先月比 -4.86%
ハンセン(香港) 28,542.62 27777.75
  先月比 -2.68%
ソウル総合(韓国) 2,130.62 2024.55
  先月比 -4.98%
ST工業種(シンガポール) 3,321.61 3300.75
  先月比 -0.63%
KL総合(マレーシア) 1,672.13 1634.87
  先月比 -2.23%
SET(タイ) 1,730.34 1711.97
  先月比 -1.06%
Bovespa(ブラジル) 100,967.20 101812.13
  先月比 0.84%
IPC(メキシコ) 43,161.17 40863.09
  先月比 -5.32%
リマ総合(ペルー) 20,666.13 19957.26
  先月比 -3.43%
PSI20(ポルトガル) 5,137.47 5010.9
  先月比 -2.46%
ISEQ(アイルランド) 6,152.63 6111.13
  先月比 -0.67%
Athex20(ギリシャ) 2,224.50 2224.54
  先月比 0.00%
IBEX35(スペイン) 9,198.80 8971
  先月比 -2.48%

2019前半 日本の成績

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

2019年も早くも半年がたちました
日本の指数データ、昨年比を比べてみました。

日経平均は昨年比で6.30%ですが、TOPIXは同3.82%と大きく水をあけられています。
東証一部単純平均が前年比で1.52%しかプラスでないことがその大きな原因です。

理由の一つとして考えられるのが、東証が昨年末に発表した「東証1部の上場基準の厳格化」にあるのではないかと私は考えています

東証1部「上場基準の厳格化」が与える巨大衝撃 東洋経済

現状時価総額500億が一部(または最上位の市場)になるといわれており、それ以下の銘柄の保有が避けられていて、買いにつながっていないのではないかと思います。
(その証拠にJASDAQやマザーズは昨年比で大きく戻しています)

昨年12月の暴落から本来であれば大きく戻すターンで東証自らが相場に冷や水をかけていたとは。。。
何とも言えない気分にさせられます。

 

国内主要指標 2018/12/31 2018/6/29
日経平均株価 20,014.77 21,275.92
  前年比 6.30%
日経先物 19,650.00 21,220.00
  前年比 7.99%
CME日経先物 19,755.00 21,360.00
  前年比 8.12%
SGX日経先物 19,825.00 21,220.00
  前年比 7.04%
日経平均ドル換算値 180.96 197.60
  前年比 9.20%
TOPIX 1,494.09 1,551.14
  前年比 3.82%
TOPIX先物 1,495.00 1,548.50
  前年比 3.58%
東証1部単純平均 2,077.20 2,108.67
  前年比 1.52%
東証2部単純平均 1,241.47 1,294.04
  前年比 4.23%
東証大型株(TOPIX 100) 950.93 999.42
  前年比 5.10%
東証中型株(TOPIX Mid 400) 1,703.90 1,733.58
  前年比 1.74%
東証小型株(TOPIX Small) 1,886.28 1,941.44
  前年比 2.92%
日経JASDAQ平均 3,210.13 3,405.61
  前年比 6.09%
JASDAQ指数 136.69 147.60
  前年比 7.98%
NT倍率 13.39 13.71
  前年比 2.39%
東証マザーズ指数 812.32 894.45
  前年比 10.11%

発行済み株式数の1.5倍の出来高!

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

昨日まで、2164地域新聞社は、本日三日連続寄らずのストップ安
昨日の日記で鉄砲かと思ったのですが、本日時点で、各証券会社で被害が出たという話もなく、今日は小幅安で発行済み株式の1/3の買いが入り、寄り付き。
日中乱高下し、後場一時はプラスになるも買いが続かず、最終的にはほぼ安値引けの1,058円と今日も10%近く安く引けました。

チャート画像

驚くは今日の出来高で、15時時点の出来高は、2,791,300株と発行済み株式数の1.5倍超
理論的には今日一日で株主がすべて入れ替わっておつりが来たことになります。

いったい何が起こっての暴落だったのか、いまだわかりませんが、今後なにかでるのか気にしています、

なおトレード的には、私は寄付きで入って下に大きく振らされたところで損切しています
正直寄ってからのリバを予想していたので、かなりやられました泣

発行済み株式の1/3が成行売!?

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

最近では、あまりみかけない鉄砲という投資イベントが発生したかもしれないので、備忘録をかねてこちらに記載です。

2164地域新聞社は、本日三日連続寄らずのストップ安となりました。

2164201903w

3連続ストップ安程度であれば、先日のサンバイオなどでもあったので、たまにあることなのですが、今回驚くべきはその成行売りの株数

本日の引けでの成行売数量は、554,500株と実に発行済み株式数の1,843,800株の1/3近い数字が売られていることです。
以下は、松井証券の複数気配情報より

2019-03-27 松井証券 複数気配情報

四季報で大株主を筆頭株主が68万株、次点の株主が37万株保有とでるのですが、その二人が売るようなニュースも私が調べた限りでは見つかりませんでした。

とすると考えられるのは、信用取引で買っていた誰かが破綻して、追い証売りということも?
と思い、調べたところ現在の信用買い残は56万4千株となっていて、さすがに全てを一人(または1グループ)でポジション立てるというのも、非現実的

となると大株主の売りと信用の売りが合わさっての本日の成行売り・・・?

ネットでは、鉄砲かもしれないという意見も散見されました
*鉄砲:鉄砲(てっぽう)とは、証券取引などにおいて仮名で信用口座を開設し、取次会社などに損失を与える犯罪手口のこと。鉄砲取引。売り逃げ詐欺。

OHTという会社が12年前に上記の鉄砲で大暴落しています
OHT株の鉄砲事件

ここ一年のチャートを見ると、誰かが故意につり上げたようにも見えます

2164201903m

現時点で真相はわかりません、明日の値動きも含めてかなり気になる銘柄です。
さて、どうなるでしょうか。。。?

2月権利日、優待取り

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

今日は2月権利最終日でした。

2月優待を一般信用で15銘柄取得。
さっきまで現受けをポチポチしておりました。

ツイッターなどを見ると優待取得が50銘柄と80銘柄という投資家の方もちらほらいて、その頂の高さに慄きます笑

各証券会社の一般信用争奪戦に参加しなくてはと思うのですが、個人な事情で19時あたりが忙しく参加できないのが悩みです。
(人気の優待銘柄を一般信用で取ろうとする場合、権利日の二週間ほど前から各証券会社の抽選などでとる必要があります。)

結局のところ、作業と利回りと個人的負担、この辺の折り合いをつけていくというところでしょうか。
まだまだ初心者なので、こちらも頑張ります。

今日もお疲れ様でした。

サンバイオ、五日目によって乱高下

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

先日「サンバイオショック!?アキュセラショックの悪夢再来か?」という記事を書いてから、五日目にようやくサンバイオが寄りました。

寄付きは30%安い2,440円。
そこから一時2,400円割れ寸前まで下がる場面もあったものの、場中有名トレーダーの場中買いのニュースなどが流れると、買いを誘い一時は2,880円と20%近く上昇する場面も
ただ、そこから一気に下げて、また本日の寄付値を割るまで下がるなど、一筋縄ではいかない値動きで、参加者を翻弄しました。
(前日から大きく下げた関係であまり動いてないように見えますが日中20%近く動いてます汗)

チャート画像

かくいう私も翻弄された口で、一時かなりの含み益があったのですが、相場の藻屑と消えました。
サンバイオの今日の出来高は、53,568,200株と5000万株を超え、売買代金も全市場でトップとなりました。

明日以降の値動きは正直わからないですが、まだしばらくいろいろとありそうです。

サンバイオ、ついに四日目もよらず(*PTSでは乱高下)

こんにちは、ヘッタ・チャンです。

先日「サンバイオショック!?アキュセラショックの悪夢再来か?」という記事を書いてから、四日たった今日もサンバイオは寄付きませんでした。

サンバイオ、今日の取組は

成売 8,620,100 vs 50,800 買


あかんやつマン@kabuakanツイートより

今日から値幅制限が二倍になったものの、3,710円でも売りが圧倒多数
明日も値幅制限拡大が続き、もう一度ストップ安をつけるようだと2310円ということになります。

たださすがによらずの70%下げは下げすぎと思われたのか
23時のPTSでは、2400-2500円台で取引されています。

出来高は23時の時点で180万株とかなりの出来高になっています。
最もPTSは一部証券会社の現物株のみの売買ですので、明日寄付きの参考にならないことも多々あります。
PTSでストップ高を付けても翌日売り気配スタートということも散見されるので、あくまで参考程度に

明日どこで寄り付くのか、というかそもそも寄り付くのかも含めて、目が離せない一日になりそうです。